ID : Pass :
メインメニュー
     
トップ  >  学会誌総目次  >  バイオフィードバック研究 第30巻 2003年

<<バイオフィードバック研究 第30巻 2003年>>

<特別講演>

 ・生体リズムとゆらぎ、その制御

佐藤俊輔

 ・バイオフィードバックの機能と概念

瀬島順一郎

<特別講演 2002>

  ・Heart Rate Variability Biofeedback : A New Tool for Improving Autonomic Homeostasis and Treating Emotional and Psychosomatic Diseases

Paul Lehrer, Evgeny Vaschillo

<シンポジウム 2002:バイオフィードバックの臨床応用>

 ・リハビリテーション医の立場から

太田哲生・木村彰男

<研究論文>

 ・ラベンダー・アロマセラピーは局所麻酔下手術時の患者に鎮静効果を有するのか?

澤田幸展・村上絵理子・荒 利絵・岡田智栄子・山谷美雪・田中豪一

 ・呼吸セルフコントロールのリラクセーションに及ぼす効果−呼気終末炭酸ガス分圧のバイオフィードバックによる検討

寺井堅祐・梅沢章男

 ・バイオフィードバックにおける偽フィードバックと確信の程度

本間 修・斎藤正男

プリンタ用画面
前
バイオフィードバック研究 第29巻 2002年
カテゴリートップ
学会誌総目次
次
バイオフィードバック研究 第31巻 2004年

 
     
サイト内検索
カレンダー

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

前月 2020年08月 次月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020-08-13

カレンダの終端です。

学会会則
pagetop