ID : Pass :
メインメニュー
     
トップ  >  学会誌総目次  >  バイオフィードバック研究 第17巻 1990年

<<バイオフィードバック研究 第17巻 1990年>>

<シンポジウム>

 ・S 指定討論 : 臨床医の立場より

白倉克之

 ・S1 バイオフィードバック研究に期待するもの : 健康科学の立場から

坂野雄二

 ・S2 バイオフィードバック研究の新しい方向行動医学の立場から : レイノー症候群のバイオフィードバック療法を手掛かりにして

佐々木雄二

 ・S3 新しいバイオフィードバック研究の方向性を求めて : リハビリテーション医学の立場から

千野直一

 ・S4 新しいバイオフィードバック研究の方向性を求めて : スポーツ科学の立場から

徳永幹雄

<研究論文>

 ・過換気症候群に対する筋電図バイオフィ−ドバック療法の試み

斎藤 巌・八代信義・奥瀬 哲・斎藤康子・菊池浩光・高岡和夫・松田幹人

 ・皮膚温制御におよぼす訓練課題とフィ−ドバックの効果

大河内浩人

 ・手掌発汗バイオフィ−ドバック法に関する研究(予報)

川原健資・柳沢孝次・小川志郎・西村芳子・塚本忠司・山本玉雄・菊池長徳・渡辺晴雄

 ・SCLを指標とするバイオフィ−ドバック訓練に及ぼすセルフコントロ−ル訓練の効果

生月 誠・原野広太郎・山口正二

 ・マルチバイオフィ−ドバック法による脳性マヒ児の姿勢制御

      

<展望>

 ・HR自己コントロ−ル法とバイオフィ−ドバック効果 −臨床的応用の可能性とその問題点について−

小玉正博

<資料>

 ・呼吸バイオフィ−ドバックのための各種センサ−の比較

稲森義雄・松永一郎・辻田純三

プリンタ用画面
前
バイオフィードバック研究 第16巻 1989年
カテゴリートップ
学会誌総目次
次
バイオフィードバック研究 第18巻 1991年

 
     
サイト内検索
カレンダー

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

前月 2020年08月 次月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020-08-14

カレンダの終端です。

学会会則
pagetop