ID : Pass :
メインメニュー
     
トップ  >  学会誌総目次  >  バイオフィードバック研究 第12巻 1985年

<<バイオフィードバック研究 第12巻 1985年>>

<特別講演>

 ・気づきとセルフコントロール

石川 中

<研究論文>

 ・α波の随意制御に及ぼす積分フィ−ドバックの効果

栗栖久恵・伊藤康彦・古満伊里・柿木昇治

 ・α波バイオフィ−ドバックと姿勢との関係について

秋葉光俊・宮本芳文

 ・バイオフィ−ドバック法に適用する生体反応の指標としてのSCLの基礎的研究

生月 誠・原野広太郎・山口正二

 ・前頭筋と咀嚼筋のEMGバイオフィ−ドバック効果に関する比較検討

土門宏樹・深沢太賀男・渡辺秀延宣・森岡範之・石橋寛二

 ・筋電図バイオフィ−ドバック療法が奏効した高齢者の口・舌不随意筋(オ−ラル・ジスキネジア)の3例

斎藤 巌・南 勝・斎藤秀哉・平山とよ子・伊東義智・八代信義・奥瀬 哲

 ・Effectiveness of Biofeedback with Progressive Muscle Relaxation Training in Reducing the Aversiveness of Cancer Chemotherapy

Carl D. Shartner, Thomas G. Burish, and Michael P.Carey

プリンタ用画面
前
バイオフィードバック研究 第11巻 1984年
カテゴリートップ
学会誌総目次
次
バイオフィードバック研究 第13巻 1986年

 
     
サイト内検索
カレンダー

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

前月 2020年08月 次月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020-08-10

カレンダの終端です。

学会会則
pagetop