ID : Pass :
メインメニュー
     
トップ  >  学会誌総目次  >  バイオフィードバック研究 第10巻 1983年

<<バイオフィードバック研究 第10巻 1983年>>

<大会発表論文(研究発表)>

 ・改良型皮膚電位遠隔計測システムとその応用

小坂明生・常光和子・西村千秋・吉沢修治・南雲仁一

 ・卓上型汎用バイオフィ−ドバックシステムの開発

大須賀美恵子・中沢一雄・遠山裕美・下野太海・谷本敏一・吉岡英明

 ・技能五輪参加選手のフィ−ドバック訓練

遠山裕美・大須賀美恵子

 ・末梢皮膚温の制御に伴う生理学的反応のパタ−ニング(試験的研究)

小野道郎・平井 久・田中ネリダ・広田昭久

 ・皮膚温バイオフィ−ドバック訓練におけるプラシ−ボ効果

濱田哲郎・大坪治彦

 ・皮膚温バイオフィ−ドバック訓練と知覚型

大坪治彦・濱田哲郎

 ・運動パフォ−マンスに及ぼすEMGバイオフィ−ドバックの効果について

佐久間春夫・永田 晟

 ・筋電・バイオフィ−ドバック法による筋張力と筋電図の変容

永田 晟・佐久間春夫

 ・脳波・筋電位によるバイオフィ−ドバックモニタ−の改良とその書痙治療への応用

橘 芳實・渋谷敏昭

 ・バイオフィ−ドバックによる心拍率制御と運動制御との比較

稲森義雄

 ・気管支喘息に対するBiofeedback療法に関する研究(第5報)

松野俊夫・桂 戴作

 ・前頭正中線部脳波に出現するシ−タリズム(Fmθ)の長期バイオフィ−ドバックの一例

安雲和四郎・山口雄三

 ・前頭葉α波のフィ−ドバック増強(第3報)

志賀一雅・松岡洋一・佐々木雄二

 ・Frontal EEG-α波のBFTに関する研究(第4報)

松岡洋一・志賀一雅・今井保次・佐々木雄二

 ・脳波筋電位モニタを用いたフィ−ドバックと自己暗示

秋葉光俊

<大会発表論文(シンポジウム:神経・筋肉疾患におけるバイオフィ−ドバック療法)>

 ・筋収縮性頭痛におけるbiofeedback療法

徳久芳樹

 ・片頭痛のバイオフィ−ドバック療法

坪井康次

 ・斜頸のバイオフィードバック療法

山中隆夫・野添新一・田中弘充

 ・書痙のバイオフィ−ドバック療法

森田百合子

プリンタ用画面
前
バイオフィードバック研究 第9巻 1982年
カテゴリートップ
学会誌総目次
次
バイオフィードバック研究 第11巻 1984年

 
     
サイト内検索
カレンダー

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

前月 2020年08月 次月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020-08-14

カレンダの終端です。

学会会則
pagetop