ID : Pass :
メインメニュー
     
トップ  >  横幹連合ニュースレター 2010年8月号

===============================================
/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /
■□■横幹連合ニュースレター 2010年8月号(No.22)■□■

http://www.trafst.jp/news.html 編集:ニュースレター編集室
/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /
===============================================

<<目次と 主な掲載内容 >>

1●巻頭メッセージ

◆ソーシャル・メディアと社会規範型の横断的研究

……太田敏澄 横幹連合理事(電気通信大学)

「ソーシャル・メディア」と呼ばれる新しいメディアの台頭によって、インターネット利用者がダイレクトに問題を顕在化させたり、他の利用者の支援で、そうした問題が解決されたりすることも多くなってきている。企業や組織は、そのコミュニケーションをよりオープンなものとするために、このような新しい動きに注目してソーシャル・メディアを活用し、経営者と従業員との情報交換のみならず、顧客をも巻き込んだ形で、相互のコミュニケーションに存在するハードルを下げるための方策をもっと講じるべきではないだろうか。
ソーシャル・メディアの事例としては、インターネット通販サイトの電子掲示板でのユーザによる書き込みや、ブログ、Social Networking Service(SNS)、Wikipediaへの書き込み、そしてYouTube など動画共有サービスへの動画のアップロードなどが挙げられる。こうした新しいメディアでは、個人を主体とした情報や知識の直接発信や情報交換が可能で、個人が直接に問題の解決に係わることが出来る。既に、現在の企業の顧客は、ブログ、SNS、YouTube などを使って、その企業や製品についての情報を語り合い、その評価や選択を行うようになってきた。更には、従業員からの直接の情報発信も可能になったことから、新製品の開発や顧客サポートにおける問題解決も、より直接になされるようになってきている。
このような実態に関して、米国リサーチ会社のJosh Bernoff らは、米国をはじめ、南アフリカ、韓国、フランス、カナダの100社以上の経営者や従業員にインタビューを行ってソーシャル・メディアを活用した
マーケティング戦略の指南書をまとめ、その書名を「大きなうねり」と名づけることで、こうした新しい社会現象を表現しようとしている。

==>>続きはこちら http://www.trafst.jp/news.html#message


2●活動紹介

【活動紹介】第26回横幹技術フォーラム
「『知の統合』に向けて 〜社会的役割と具体的事例〜」(5月21日)

……木野泰伸(筑波大学大学院准教授)

5月21日、「『知の統合』に向けて 〜社会的役割と具体的事例〜」と題したシンポジウムが、日本学術会議講堂に於いて開催された。主催は、日本学術会議、総合工学委員会 「工学基盤における知の統合分科会」(委員長、舘すすむ氏)であり、横幹連合と横幹協議会は共催として参加した。
シンポジウムは第1部と第2部に分かれており、第1部(座長、舘すすむ氏)では4名の講演者が「知の統合」について、それぞれの視点からの考えを紹介された。金澤一郎氏(日本学術会議会議会長)の開会の挨拶に続き、最初に講演された横幹連合会長の木村英紀氏(工学基盤における知の統合分科会委員)は、横幹連合の設立の背景や活動の紹介を交え、「『知の統合』と横幹科学技術」と題して、このテーマを論じられた。木村氏は、実世界で起きている問題を解くためには現在の細分化された知(科学技術)が不向きである、という課題を提示され、横幹連合の進めている横断型の科学技術が、異なる研究分野での共通概念・手法・構造を抽出し、より普遍的な知の体型を生成するという点で重要であることを述べ、更に「知の統合」が、従来の物質科学(法則性)の領域だけではなく、脳科学などの生命科学や人文社会科学にも推進可能であることを論じられた。木村氏は、こうした知の統合は、あるべきものを探求する「設計科学」を通して可能である、と述べられ、その言葉は非常に印象的であった。

==>>続きはこちら http://www.trafst.jp/nl/022/report.html


3●参加学会の横顔
横幹連合に参加している学会を紹介するコーナーです.

◆日本シミュレーション学会 ……… 会長 小山田耕二氏(京都大学教授)

==>>詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/022/profile.html

*このコーナーにご登場下さいます学会を募集しております。
横幹連合の他の学会への、良い学会紹介の機会となりますので、自薦他薦を問わず、事務局までご一報下さい。


4●イベント紹介
横幹連合の主催・共催イベントの開催情報です.

==>詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/022/event.html

【これから開催されるイベント】

●第3回横幹連合総合シンポジウム
●第28回横幹技術フォーラム開催

【これまでに開催したイベント】
これまでに開催したイベントの記録です.

==>詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/022/event.html


===============================================
【編集室からのお知らせ】
「ニュースレター発行のお知らせ」では、横幹連合に加盟する学会のイベント開催情報を掲載していきます。各学会の大会等のイベント開催情報をお寄せください。

<掲載する情報>開催日、行事タイトル、主催、会場、詳細URL
<掲載例>

2010年9月5〜6日
第3回横幹連合総合シンポジウム「横幹技術の役割の新局面」
主催:横幹連合、横幹技術協議会
会場:早稲田大学早稲田キャンパス
http://www.trafst.jp/symposium2010/index.html

なお、この情報は、横幹連合ホームページの「会員学会カレンダー」http://www.trafst.jp/calendar.html
にも転載します

プリンタ用画面
カテゴリートップ
お知らせ
次
学術総会時の総会及び各種委員会について

 
     
サイト内検索
カレンダー

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

前月 2017年04月 次月
1
2
3
4
5
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
6
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
7
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
8
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
9
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
10
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
11
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
12
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
13
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
14
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
15
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
16
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
17
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
18
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
19
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
20
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
21
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
22
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
23
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
24
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
25
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
26
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
27
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
28
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
29
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
30
  • 第56回 バイオフィードバック技能師認定講習会開催のご案内
2017-04-25

カレンダの終端です。

学会会則
pagetop