ID : Pass :
メインメニュー
     
トップ  >  横幹連合ニュースレター2010年4月号

===============================================
/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /
■□■横幹連合ニュースレター 2010年4月号(No.21)■□■

http://www.trafst.jp/news.html
編集:ニュースレター編集室
/ / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / / /
===============================================

<<目次と 主な掲載内容 >>

1●巻頭メッセージ

◆課題解決の舞台に立つ横幹連合

……舩橋誠壽 横幹連合理事(横幹連合/蠧立製作所)

事務局長を、2009年11月から仰せつかっております、総務理事の舩橋
です。(略) 会社では、「5〜10年先の姿を想い描いて、日々の研究開
発に取り組みなさい」と、毎年4月に入ってくる新人の企業研究者の卵
たちに向かって、話してきました。同じことを、自分にも当てはめて、
自分に尋ねるつもりで、横幹連合の将来の姿をイメージしてみたいと思
います。
横幹連合の将来の姿を描くためにまず、会員学会がどんな期待をもって
横幹連合に参画されているかを見てみましょう。この材料として、2008
年に行われた、会員学会の会長と横幹連合会長・副会長との個別懇談の
記録を発見しました。会員学会の代表者が、どのようなことを述べられ
ているかを書き抜いて、全体を眺めてみました。これはまったくの個人
的な分析ですが、発言を特徴づける軸として、外部志向(そと)と内部
志向(うち)、形式志向(かたち)と文脈志向(なかみ)を想定し、
すべての発言をプロットしてみました。この結果を図1に示します。

==>>続きはこちら http://www.trafst.jp/news.html#message


2●活動紹介

【活動紹介】第24回横幹技術フォーラム
「21世紀のモノづくり革新をめざして」(1月29日)

……澤田一哉(パナソニック電工 先行技術開発研究所技監)

世界金融危機の中で実体経済の落ち込みが目立った日本のモノづくり
技術が、今後生き延びるために進むべき方向については、十分な議論
が必要である。このような背景のもとに、製造業の「グローバル環境
下」でのモノづくり、品質・信頼性からのモノづくり、人と環境に
やさしいモノづくりに関連した講演と、今後の革新技術についての講
演が行われた。(略)
最初に、桑原洋横幹技術協議会会長が、日本製品の優秀さは「信頼性」
や「材料や部品の優秀さ」に由来すること、モノづくりには「ユーザ
の視点」が不可欠であること、今後は「産業寄りの基礎研究」が必要
であること、などを開会の挨拶の中で強調された。

==>>続きはこちら http://www.trafst.jp/nl/021/report.html


3●参加学会の横顔

横幹連合に参加している学会を紹介するコーナーです.

◆行動経済学会 ……… 会長 加藤英明氏(名古屋大学大学院 教授)

==>>詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/021/profile.html

*このコーナーにご登場下さいます学会を募集しております。
横幹連合の他の学会への、良い学会紹介の機会となりますの
で、自薦他薦を問わず、事務局までご一報下さい。


4●イベント紹介

横幹連合の主催・共催イベントの開催情報です.

【これから開催されるイベント】
◆第26回横幹技術フォーラム
【これまでに開催したイベント】
これまでに開催したイベントの記録です.

==>詳細はこちら http://www.trafst.jp/nl/021/event.html


===============================================

プリンタ用画面
前
学術総会時の総会及び各種委員会について
カテゴリートップ
お知らせ

 
     
サイト内検索
カレンダー

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

前月 2017年03月 次月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017-03-28

カレンダの終端です。

学会会則
pagetop